tabilogs*)

参考になる、行きたくなる旅行記の紹介をします。

【八ヶ岳旅行】ヴィラ・アフガン  行列のできる欧州カレー

f:id:tabilogs:20200809204204p:plain

 

清里で有名なカレーと言えば萌木の村にあるROCKのビーフカレーですが、

今回は知る人ぞ知る、ヴィラ・アフガン のカレーを食べてきました。 

概要
 

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240−3510

営業時間:

11時30分~14時30分(LO:14時15分)

17時~19時30分(LO:19時15分)

定休日:火曜(火曜が休日の場合、翌水曜休み)

電話: 0551-38-3148

 

ソフトクリームで有名な県立まきば公園から少し行ったところにあります。

 

駐車場:

見つけられただけでも、お店の前、横、裏側に3箇所ありました。

裏の駐車場は、砂利かつ木で凸凹を覆っているような感じなので車高の低めの車は注意が必要そうです。

店内、1階がウェイティングスペースとなっており、階段の手前に発券機があるので、

受付(人数)を済ませ待ちます。

発券機だけでなく、紙へも人数と名前を記載しました。

席はカウンター数席、テーブル席(4人がけ)は4つ、2人席は2つほど、カウンターのように横並びで食事ができるような大きなテーブルもありました。

 

 

行列

12時に到着しましたがすでに店内で待てないほどの行列が。

車でしかいけないような場所にありますので、店内ではなく車の中で待っている方もいました。

受付機で現在の呼び出し番号が表示されていましたので、おおよその時間を見て

私たちも車内で待ちました。

(店内もしくは呼び出しの聞こえる場所で待つのが前提です。呼ばれた時にいなかった場合、キャンセルとみなされるため、自己責任で!)

約1時間ほど待ったところで再び店内1階へ。さらに少し待ったところで番号を呼ばれて2階の食事スペースへ。

ようやく、カレーにありつけます。

 

料理
 

f:id:tabilogs:20200809195334j:plain

基本的にメニューは1,300円〜1,800円ほど
金額に変更なく、辛さとご飯の量を選べます。

辛さの程度・・A(普通)、B(辛口)、C(大辛口)、ウルトラC(激辛)

ご飯の量・・S(お茶碗1杯分、約150g)、M(お茶碗2杯分、約300g)、L(お茶碗3杯分、約450g)
※L(450g)を頼んで残した場合は別途100円支払い

 

ベーコンエッグとローストポークのカレー Mサイズ辛さA

 

f:id:tabilogs:20200809173445j:plain

見た目が豪華!

量が多いと一瞬ひるみましたが、ローストポークもベーコンもとってもジューシーで

ぺろりでした。

ビーフカレー(国産スネ肉の煮込み) Lサイズ辛さA

f:id:tabilogs:20200809173001j:plain

こちらのお肉がとろっとろで、すごく美味しかったです。

見た目の豪華さは上にいろいろ乗っている方ですが、私は次の訪問ではビーフカレーを選ぶと思います。

 

あと、辛さに関しては辛口を選んでもよかったかなと思いました。

スパイスは効いているし、非常にこくがあるのでこのお店なら辛目を選んでもただの辛いだけにならず、楽しめたかも。

 

それでもとっても美味しく最後まで食べ切れました。

せっかくなので、ラッシー500円も。

ここで名前の”アフガン”がアフガン・ハウンドからきていることを察しました。

ラッシーは普通の美味しさです。

f:id:tabilogs:20200809172900j:plain

 

ちなみに店内の撮影は禁止。
料理の写真は撮影可能と記載されていました。ご注意ください。
 
店内にはオーナーらしき方と女性のスタッフ、若いバイト?の男性スタッフがいらっしゃりテキパキと働いていました。
 
清里に訪問の際はお腹を空かせてぜひ食べていただきたいカレーのお店でした。